×
最新の人気コンテンツ情報をまとめた
メールマガジンをお届けします

ページトップへ
今や小中学生でも簡単に、IoTを使った工作の宿題を提出できる時代がやってきた。下手をすれば会社で採算性のある事業化に汗をかくお父さんよりも、先に子供のほうがIoT時代をリードしかねない。今回はIoTを使った工作をご紹介する。


SONYのMESHを使えば簡単に実現可能

SONYが2015年に発売した電子工作キット「MESH」(メッシュ)は、IoT社会の現実化を前に改めて人気を博している。このMESHはブロック型の電子タグをアプリでつなげることにより、簡単にIoT機器を実現可能にするのだ。見た目は小さな電子ブロックだが、LEDライト、センサー、マイク等の機能をもっている。また、ボタンタグを利用すればスマートフォン経由でメールを送信することもできることから、IoTとしても機能させることができる。つまり、タブレットやスマートフォンのアプリを使って、アイコンをつなぎ合わせロジックを作れば、プログラミングができなくても立派なIoT機器を作り出すことができるのだ。仕組さえ理解すれば、その設定も簡単ですぐに利用を開始できる点が非常に優秀な商品といえる。この気軽さには驚いた。

<参照・参考元>MESH:小さな便利を形にできる、ブロック形状の電子タグ|ソニー

タグを組み合わせればIoTソリューションが簡単にできる

MESHのサイトでは、実際の多くの活用例が紹介されている。たとえば、ティシュボックスからティッシュを引き出すと現在の残量をLEDで表示してくれる工作は、MESHのLEDタグと人感タグを組み合わせて作られたものだ。また、この工作をオフィスでも利用するシュレッダーなどで応用することも簡単にできる。

MESHはタグが実際に接続できれば、アプリの画面上に使いたいタグのアイコンをドラッグ&ドロップし、どんな操作をしたいのかを選択するだけで簡単に稼動するのだ。巷ではプログラムいらずのRPAが非常に注目されているが、MESHのタグはそれを彷彿とさせるような内容と言ってもいいだろう。

<参照・参考元>残量が一目でわかるティッシュ箱を作ってみた。 | MESHレシピ

アイデアを競う工作に

MESHが提供するタグをうまく使えば、難しいプログラムや配線もなくこれまでにないIoTの機器を作り出すことも可能だ。むしろ、柔軟なアイデアを積極的に評価してあげたくなるような工作ができるだろう。興味のある小中学生には、ぜひチャレンジしていただきたい工作といえる。

宿題を提出された先生が正当に評価できるかのほうが問題

この手の工作で、一番困るのは宿題として提出されたほうの先生ではないだろうか。子供のクリエイティブな発想や柔軟性を伸ばして上げられるように教師自身が理解し、この領域の知見を確立していないと適正な評価ができない。IoTはもちろんのこと、おそらく今後AIの世界でも同様のギャップが個人の能力と教育の現場の知見に生じることになるものと考えられる。子供たちの発想力をスポイルすることのないように、積極的な評価が求められる時代になりそうだ。ITリテラシーはまさに新しい領域に突入しようとしている。