×
最新の人気コンテンツ情報をまとめた
メールマガジンをお届けします

ページトップへ

ネット接続機能と音声アシスタントを搭載した「スマートスピーカー」、または「AIスピーカー」と呼ばれる新型ガジェットが、日本でも年内中に相次いで販売がされます。これがまた、とてつもないシロモノなのです。たかだかスピーカーの何がそんなに凄いのか、ピンと来ない人も多いと思いますが、それはスマートフォンが時代遅れに感じてしまうほどの未来的イノベーションなのです。

スマートスピーカー、国内でも販売予定

2017年、日本ではLINEの「WAVE」、Amazonの「Amazon Echo」といったスマートスピーカーの販売が予定されています。各商品の特徴については下記の関連記事をご覧ください。

関連記事:AIスピーカー、日本でも今年続々発売~国内もネット音声アクセスの時代到来

本記事では、スマートスピーカーに使われている音声認識AIがいかにとんでもないか。そして、この技術によって未来のライフスタイルがどのように変化していくかを見て行きたいと思います。

音声だけで、ここまでやってくれる

音声認識AIは、今に始まったことではありません。iPhoneに搭載されているSiriは、2011年に登場しています。ちなみに、現在ではAndroidにもGoogle Nowという音声認識AIが搭載されています。スマートフォンを使って検索する際に、わざわざキーボードで入力しなくても、音声を聞いてAIが判断してくれるのですから、かなりラクになりました。

とないえ、なぜここに来てスマートスピーカーが注目されているのか、それでもまだピンと来ないかもしれません。それはブームの火付け役であるAmazon Echoを見ればよくわかります。なんといっても、このスピーカーにはディスプレイやボタンが付いていません。一体どうやって操作するのかというと、実はすべて音声で操作するという、あまりに画期的なシステムを採っているのです。スイッチのオン/オフ、チャンネル切り替えなども、すべて音声で行っています。それだけでなくレシピの検索、天気予報、時間なども質問すれば返答してくれます。スマートフォンが時代遅れに感じてしまうと前述した理由が、ご理解いただけたでしょうか。

Alexaの性能が飛躍的に向上した理由は?

Amazon Echoには、「Alexa(アレクサ)」と呼ばれる音声技術AIが搭載されています。この分野で先行していたAppleやGoogleを抜かすべく、AmazonはAlexaの性能向上に執念を燃やしました。

そのひとつが、音声を広範囲に拾う技術です。Amazon Echoにはなんと7個ものマイクが搭載されており、部屋にある音声を正確に拾うことができます。しかも、騒がしい場所でも~7m先の音声まで正確に聞き取ってくれるといいます。
2つ目は、レスポンスの素早さです。それまでの技術では、レスポンスに数秒かかるのが普通でした。それをAmazonではディープラーニングを開発に取り入れ、1秒以内のレスポンスを実現させたのです。
そして3つ目が、正しく認識する技術です。実際、スマホで音声アシスタントを使っていると、トンチンカンな検索ワードとして認識することがよくあります。そのため、あまり音声アシスタントを使っていないという人も多いでしょう。しかし、Alexaではディープラーニングを搭載しているため、音声を正しく認識し、さらに使用者の好みや傾向に沿った形で検索結果を出すように設計されています。

IoTやスマートホームの主役に躍り出るAlexa

Amazon Echoが凄いことは理解できました。しかし、Amazonにとってスマートスピーカーは、ほんの入口に過ぎないのです。真の狙いは、IoTやスマートホームの主役に躍り出ることです。

Alexaはすでに多くのサードパーティに採用されており、IoT機器の業界標準になりつつあります。例えば、Alexaを搭載した照明なら、「スイッチオン」と話すだけで電気が点きます。もはや、リモコンを操作する手間さえ省かれるのです。今後は、このようなボイスファーストのIoT機器が一気に普及するものと考えられます。

ライバル各社も黙っちゃいない

このAmazonの動きにライバル各社が黙っているはずありません。すでにGoogleは「Google Home」、Appleは「HomePod」、その他Microsoftの音声アシスタントCortanaを搭載した「Invoke」といったスマートスピーカーが相次いで発表されています。

当然、彼らもスピーカーを作って終わりにしようとは考えていません。自社の音声認識AIを他社にも使ってもらって、IoTやスマートホームの覇権を握ろうというのが本当のビジョンです。これだけ競争が激化すると、技術革新のスピードも向上します。もしかしたら、私たちが思っている以上に早く、ボイスファーストのライフスタイルが到来するかもしれません。