×
最新の人気コンテンツ情報をまとめた
メールマガジンをお届けします

ページトップへ
トヨタ自動車、トヨタIT開発センター、インテル、エリクソン、デンソー、NTT並びにNTTドコモの7社は2017年8月10日、「オートモーティブ・エッジ・コンピューティング・コンソーシアム」の創設に向けた活動の開始を発表した。このトヨタを中心とする7社は、今後コネクテッドカーの実現に向けて必要となるサービスを支える基盤づくりを推進していくという。また、こうしたサービスを実施するにあたってはエッジコンピューティングの実現が必須となる。そのため、今回のコンソーシアムでもエッジコンピューティングの現実化へ向けた動きが加速するものと見られているのだ。


そもそもエッジコンピューティングとは?

エッジコンピューティングとは、ユーザーの近くにエッジサーバーを分散させることにより、距離の短縮を実現され通信遅延が起きないようにする技術だ。端末側でおこなっていた処理をエッジサーバーに分散化させることにより、高速なアプリケーション処理が可能。 加えて、リアルタイムなサービス、並びにサーバーとの通信量や頻度の多いビッグデータの処理に対して、大きな威力を発揮するものとして注目されている。

2025年のコネクテッドカーとクラウドコンピューティング間でやりとりされるデータ量については、1ヶ月あたりだけでも10エクサバイト(現在の約1万倍)に達することが予想されている。それだけに、分散型のネットワーク、膨大なデータを処理できる大容量の計算資源、ストレージを持つ新たなシステムアーキテクチャ、これらの実現が将来的に不可欠だ。

クラウドよりも断然早い処理を実現するエッジコンピューティング

これまでクラウドを支えてきた大規模データセンターによる環境では、ユーザーからデータセンターまでの距離が長く、自動車に搭載されるリアルタイムのデータ処理ではどうしても通信の遅延が起きてしまう。このような問題を抱えていることから、リアルタイム性を要するアプリケーションや、M2Mを利用したビッグデータを扱うアプリケーションでは、エッジコンピューティングの実現こそが一番の課題解決法となるのだ。また、クラウドのように集約的にサーバーを配置するのに比べ、エッジコンピューティングは最大100分の1程度に通信遅延を短縮することができ、センサー情報といったビッグデータ処理にもっとも最適とされている。各自動車メーカーは、同様のエッジコンピューティングの実現に躍起になっているのが実情だ。

これらのアーキテクチャは地域とグローバルの連携も必須とされていることから、国際的な基準への対応も必要である。今後のコンソーシアムでは、さらに国際的な規模で参加企業を募っていくことになりそうだ。ただ、すでにこの領域では欧米勢の自動車メーカー各社もさまざまな動きを見せている。IBMやマイクロソフトなども具体的なメーカーとの連携を発表しているだけに、どこが最終的にイニシアチブを握って国際基準を実現することになるのかも注目されている。

自動車メーカーとしては最大手に位置づけられるトヨタ自動車だが、こうした領域でソートリーダーシップを発揮できるかどうかはまったく別のものとなる。それだけに、今回のコンソーシアムがグローバルなマーケットにおいて、どれだけ大きな輪を作り上げていけるかも大きな課題となりそうだ。

<参考・参照元>
自動車ビッグデータ向けネットワーク基盤とコンピューティング基盤のためのコンソーシアムを創設 | トヨタグローバルニュースルーム