×
最新の人気コンテンツ情報をまとめた
メールマガジンをお届けします

ページトップへ
グーグルは米国時間の12月13日、新たに総合的IoTのプラットフォームとなる「Android Things」を発表した。既にデベロッパーにその内容が公開され利用可能となっている。このAndroid Thingsは、これまで同社が市場に提供してきたIoTのソリューションを整理し直し、より使いやすいものにして提供しようとしている点が大きな特徴となっている。グーグルも本格的にIoTプラットフォームに進出しようとしていることが強く窺える。

引用元:Benny Marty / Shutterstock.com

Android版の新たなIoTプラットフォーム

グーグルはこれまでにもアンドロイドベースのIoTプラットフォーム「Brillo」を発表しているが、Android ThingsはこれにAndroid Studio、Android SDK、Google Playのサービス、Googleクラウドなどが統合されたものとなる。
また、同社の IoTコミュニケーション・プラットフォームである「Weave」のサポートも近く実現する予定で、こちらも近々デベロッパー・プレビューが公開される予定となっている。

既に複数のハードウェアメーカーとの提携による利用も

グーグルは多数のハードウェア・メーカーと既に提携しており、 Intel Edison、NXP Pico、Raspberry Pi 3などをベースにしたデバイスが、このAndroid Thingsを利用することになると見られている。
さらに、グーグルは多数のスマートデバイス・メーカーが Weaveを支持していることを同時に発表している。Belkin WeMo、LiFX、Honeywell、Wink、TP-Link、First Alertが、グーグルのIoTプロトコルを採用し、各社のデバイスが「Google Assistant」などのサービスを利用することができるようになるとされている。またWeaveプラットフォームはアップデートを受け、SDKは照明器具、スイッチ、プラグ、サーモスタットなどのスマート化にも対応できることとなる。
また、グーグルでは現在クアルコムとの協業も強力に進めており、同社の「Snapdragon」での動作についてもサポートを行うことが発表されている。クアルコムはそのプレスリリースで、グーグルとの連携は“消費者向けと産業向けの応用”の両面で開発に注力するものである、と述べている。両社の協業により、クアルコムが保有する規模とグーグルが抱えるAndroid開発者コミュニティーを有機的に活用することが可能になるという。現在開発者プレビュー版となっているAndroid Thingsは、2017年中にSnapdragonプロセッサに組み込まれる予定となっている。

グーグルの統合型プラットフォームの提供で標準化に弾みも

現在、IoTを手がける各社はIoTプラットフォームの標準化にしのぎを削っている状況にあるが、今回のグーグルの統一化・標準化されたプラットフォームの導入は、市場に大きな影響を与えることになりそうだ。特に特定インダストリー専用のプラットフォームではなく広範な業界に対応するサービスは、様々なサービスで利用される可能性が高まっていて、今後一気に市場でイニシアチブを握る可能性を秘めている。

これまでグーグルから提供されてきたプラットフォームは、ディベロッパーにとっては決して使いやすいと言えるものではなかったが、再度整理し直すことによりサービス体系が統一されたことは、標準化に向けて一歩前進した、という見方もできる。ただし、当面の競合相手となるアマゾンのAWSも、「Greengrass」と呼ばれるソフトウェアとIoTデバイスを使った仕組みを既に公開しており、どちらが標準化により近い存在となるかが注目されるところだ。

新しくIoTを利用してスマートな社会を実現していくためには、多くのIoT機器が繋がり、情報を一括で収集、分析、利用できるサービスや構造が極めて重要なものになるということは言うまでもない。そのためには従来からITの世界で確立してきた垂直統合型のビジネスモデルで個別に最適化をはかるのではなく、水平統合型のシステムやサービスが提供されることが必要不可欠なものになってきている。モバイル端末の世界では広く普及してきたグーグルのAndroidが、IoTの世界でも標準化の中心的存在となることができれば、IoT社会は非常に短期間に普及を遂げ、高度な利用ができる可能性が高まることになるだろう。

<参考・参照元>
Android Developers Blog(リンク先英文記事)
Qualcomm(リンク先英文記事)