×
最新の人気コンテンツ情報をまとめた
メールマガジンをお届けします

ページトップへ
IIJ(株式会社インターネットイニシアティブ)の100%子会社であるIIJグローバルソリューションズ(以下、IIJグローバル)は、12月7日、IoTシステムの構築に必要な技術をコンポーネント化し、特定業種の用途にマッチさせたIoTソリューションを提供する事業モデル「CaaS(Component as a Solution)」を開始すると発表した。

インダストリーカットでのIoTコンポーネントが最大の強みのようだ。
IoTビジネスでは、インダストリーカットでのプラットフォームを提供することでいかに標準化のイニシアチブをとるかが業界内では大きな注目を浴びつつあるが、同社ではいち早くこのインダストリーカットでのIoTソリューションの提供に着目し、そのサービスを提供しはじめている。

引用元:IJJ Global

CaaSの概要

今回IIJグローバルから発表されたプレスリリースによると、このCaaSは、同社の拠点間ネットワークの構築・運用ノウハウに加え、IIJグループやパートナー企業のサービスを活用することで構築・運用を可能にしている。CaaSでは主要なコンポーネントとして業界向けプラットフォーム、ゲートウェイ機器、ネットワークの各分野を揃えているとされている。
業界向けのプラットフォームは今後随時提供されることとなるが、まず第一弾として各種センサー収集・蓄積・可視化システムと、マルチPLC管理システムが発表されている。各種センサー収集・蓄積・可視化システムでは、センサーデータを収集しクラウド上で保管、表示を行うというもので、IoTの世界ではもっとも初期需要の多い仕組みとなっている。またマルチPLC管理システムでは、製造業の現場で制御装置として利用されている様々なPLC・プログラマブルロジックコントローラーをクラウド上で共通デバイスとして一元管理し、機種に依存することなくデータにアクセスすることが可能となる。
今後はデジタルサイネージ用システム、IPカメラ監視システム、総合エネルギー・設備マネジメントシステムといったプラットフォームを提供予定だ。

また、こうしたシステムをサポートするゲートウェイとして、装置の稼働状況などのセンサーデータをクラウド上にアップロードしていくとともに各種インタフェースを提供し、様々な装置に対応するとしている。ネットワークでは、ゲートウェイ機器とクラウド間をIIJモバイルサービスと顧客専用のプライベートバックボーンサービスを活用した閉域網で接続する。これにより、インターネットを経由しないセキュアなIoT向けワイヤレスプラットフォームが構築可能で、IIJならではのメリットを多く実装しているといえる。

今後2年で200社の導入を目指す

IIJグローバルでは、このCaaSを成長事業の一つと位置付け、工場における産業機器の自動制御、ビルのエネルギー設備管理 などの市場をターゲットに、初年度20社、2年目200社の導入を目指すとしている。
これまで国内でIoT利用を先行して始めた企業は、須らく自前でスクラッチからシステムを構築することを余儀なくされたため、コスト面でもタイムフレームの面でも様々な課題を抱えることとなっていた。しかし、こうしたコンポーネント化されたソリューションの提供を受ければ飛躍的なスピード感で事業をスタートすることが可能であり、しかもコスト面もかなり初期の段階からクリアになることからフィジビリティスタディもしやすく、かなり利用価値の高いサービスとなることが期待される。最近では、クラウドサービス事業者がこうしたソリューションの提供に乗り出そうとしているが、ネットワーク事業者が提供するソリューションはIoTでもっとも問題となるセキュリティリスクに対する高い対応力を持っているため、より選択しやすいものとなりそうだ。今後こうした標準化がさらに進むと、誰が業界ごとにイニシアティブを取るのかが明確になり、IoT市場でも勝者と敗者がかなり顕在化していくかもしれない。

<参考・参照元>
IIJ Global ニュースリリース