×
最新の人気コンテンツ情報をまとめた
メールマガジンをお届けします

ページトップへ
2016年12月1日(現地時間)、米Amazon Web Serviceの年次カンファレンス 「re:Invent」が開催されたが、その中でインテルからスマートホームに関する将来のビジョンが発表され、そのビジョンの実現に向けてインテルとアマゾンが共同でスマートホームのエコシステムを発展させ、自然言語機能を消費者に広く提供するための技術的取り組みを進めていくことが明らかにされた。この内容は既に両社のニュースリリースでも詳細が開示されている。


「Alexa」をベースにした音声対応デバイスの開発

今回インテルとアマゾンが共同開発するエリアは大きく分けて2つ設定されている。その一つとなるのが、アマゾンの音声アシスタントサービスである「Alexa」を利用できるインテルベースのスマートスピーカーのレファレンスデザインを固定し、複数のハードウェアメーカーがAlexaを利用した音声対応デバイスを簡単に開発できるようにすることであるとされている。当該レファレンスデザインについては2017年の第1四半期に開発者やプロダクトメーカー向けにリリースされる予定だ。



ホームオートメーションやホームデバイス管理にも対応

インテルとアマゾンが進めようとしている二つ目の取り組みは、ホームオートメーションやホームデバイス管理の要となるインテルベースのスマートホームハブに対応したAlexaスキルを簡単に開発できるにすようることであるとされている。インテルが提供するスマートホームハブでは、Alexaに実装されている機能を最大限に生かした音声操作機能を充実させ、それを主なインターフェースとする計画となっている。これにより様々なスマートホームデバイスをユーザーは自然に利用、管理することができるようになる。

AWSは資産追跡を支援するサービスを発表

またAWSサイドは、「AWS Greengrass」ソフトウェアとインテルハードウェアの組み合わせにより、資産追跡を支援するサービスも発表している。AWS Greengrassは、処理能力や搭載メモリが少ないIoTデバイスへ組み込むことで、IoTデバイスにもAWSの強力なリソースを活用することが可能であり、処理能力を向上させられるサービスとなる。インテルでは、既にインダストリーIoTエリアにおいてソリューションをローンチしてきた実績をもつが、このインテルアーキテクチャはAWS Greengrassに包括的なハードウェアおよびソフトウェア通信の堅牢でスケーラブルなプラットフォームを提供することが可能であるとしており、これによりクラウドやネットワークエッジに最適化して動作させることが可能となる。

IoTは典型的な水平統合のビジネス

最近IoTの領域では企業間の協業が非常に増えている状況にある。IoTの領域で先進的な役割を演じているプレーヤーは自社だけでの技術をベースにしていたのでは、スピード感のある顧客満足度の高いサービスを実現できないことを非常によく理解しており、それを補う意味でも水平統合の動きを加速させている。今回のインテルとアマゾンの共同開発もこうした視点がベースとなっていることが明らかである。IoT機器の操作も言葉によるコミュニケーションが主体となることは鮮明であり、こうしたプロダクトのローンチはさらにIoT市場を進化させることに繋がるものとして期待される。とくにIoTソリューションやプラットフォームを提供しようとする企業は、バックエンドのクラウドコンピューティングとのシームレスな連係や、ワンストップでのサービス提供を強く意識するようになっており、今回のような協業による開発は今後益々増加するものと見られる。インテルはセキュリティ関連でマカフィも手中に収めており、IoTビジネスでは俄然前面に登場する存在として注目されるようになっており、AWSとの協業がさらにその存在を際立たったものにさせていくことになりそうだ。

<参考・参照元>
Intel and Amazon Unveil Smart Home Technology at Amazon re:Invent(リンク先英文記事)
Amazon and Intel Enable New Alexa Use Cases with Reference Design and Skills Integration(リンク先英文記事)