×
最新の人気コンテンツ情報をまとめた
メールマガジンをお届けします

ページトップへ
MicrosoftのWindows Serverチームが、クラウド&エンタープライズ部門から離れるという、時代の流れを感じさせる出来事がありました。Microsoftウォッチャーとして名高い、Mary Jo Foleyさんの記事なので間違いないでしょう。同社の軸足は、すでにクラウドへと移行しており、そのAzure上で各種のLinuxが利用できるという状況です。これまでのMicrosoftを支えてきた、Windowsというプラットフォームが一つの役割を終え、名実ともにAzureへのバトンタッチが完了したとも捉えられるトピックです。

Contents
  • マイクロソフトのWindows Serverチームが再編される 
  • ソフトバンク、SLA99.999%を保証するクラウド・サービスを提供 
  • Pokémon GOの将来ー新種のポケモンと、ポケストップのカスタマイズも 
  • パブリック・クラウドへの移行進むもオンプレミスも残る:ベリタス調べ 
  • 任天堂の次世代ゲーム機NXー 分離式コントローラーとTVドックを装備 
  • ソフトバンクなど、SDN等によるクラウド・ベースのWANを提供 
  • 「IT苦手」な経営層にも分かってもらえる、IT用語解説「オンプレミス」 
  • オラクルと富士通の提携は世界一流のクラウド・サービスを提供するため 
  • AWS初心者がまず知っておきたいこと、ハンズラボ吉田さんが語る 
  • Xiaomi(シャオミ)初のノートPCは、Macbook Airのライバルで540ドルから 

--------------------------------------------
マイクロソフトのWindows Serverチームが再編される
(2016年7月25日 [ZDNet])
Microsoftの、Windows Serverを担当するエンジニアリング・チームが、Windows & Device部門に移行するという、再編に関する話です。これまで、Windows Serverはクラウド&エンタープライズ部門が担当していましたが、今回の再編により、すべてのWindowsが同一部門の下に結集するとのことです。Microsoftは、最小のIoTデバイスから、大規模にスケールするサーバーまでを、単一のWindowsコアを共有していく方向であり、この再編は理にかなったものだと受け止められています。

--------------------------------------------
ソフトバンク、SLA99.999%を保証するクラウド・サービスを提供
(2016年7月25日 [Impress])
ソフトバンクが、企業向けクラウド・サービスである「ホワイトクラウド ASPIRE」を、8月8日に立ち上げると発表しました。このサービスは、99.999%のSLAを保証するものになります。ベースとなるのは、VMwareが提供する仮想化テクノロジーであり、単一障害点のない構成でクラウド・サービスを提供するとのことです。標準のストレージでSSDを採用し、HDDとの比較で約5倍~10倍の高性能を発揮するため、データ入出力における負荷が高いシステムの要件にも対応すると、同社は述べています。

--------------------------------------------
Pokémon GOの将来ー新種のポケモンと、ポケストップのカスタマイズも
(2016年7月26日 [TechCrunch])
Pokémon GOのプレイヤーは、自身のコレクションを充実させるために、他のプレイヤーとのトレードという機能を、手に入れることになるようです。たとえば、オーストラリアに多いガルーラというモンスターを、地球の裏側のプレイヤーのモンスターと交換できるのはグッド・ニュースだと、TechCrunchが伝えています。NianticのCEOジョン・ハンケが、サンディエゴで開催されたコミックコンのパネルに登場し、Pokémon GOのトレーディング機能が開発中であると明らかにしました。

--------------------------------------------
パブリック・クラウドへの移行進むもオンプレミスも残る:ベリタス調べ
(2016年7月26日 [ZDNet])
世界の企業の74%が複数のクラウド・インフラベンダーを利用し、また、23%は4社以上のベンダーを利用しているという調査結果が、ベリタス・テクノロジーズから発表されました。また、パブリック・クラウドの活用が最も進んでいる国として、日本が挙げられていますが、今回の調査には、SIerなどを介したクラウド利用も含まれているとのことです。また、多くの回答者が、今後もオンプレミスに残るサービスがあると述べているようです。

--------------------------------------------
任天堂の次世代ゲーム機NXー分離式コントローラーとTVドックを装備
(2016年7月27日 [TechCrunch])
任天堂の次世代ハードウェアであるNXを推測する記事です。次世代ゲーム機の本体はポータブルですが、他のゲーム機には見られない多様な機能を追加するための、モジュールが付属するようだと述べています。NXシステムのコアは、ディスプレイを装備するハイパワーなポータブル・デバイスですが、2つのコントローラーが取り付け可能とのことです。ただし、コントローラーを外した状態では、ゲーム機というよりスマートフォンに近いものになるようです。

--------------------------------------------
ソフトバンクなど、SDN等によるクラウド・ベースのWANを提供
(2016年7月28日 [Keymans Net])
ソフトバンクから、ネットワークの仮想化技術を採用したWANサービスである、ホワイトクラウドOneLayerが提供されます。このOneLayerは、SDN/NFVによるネットワークを構築し、セキュリティのためのアクセス制限と、場所とデバイスを問わない利便性を両立しながら、企業内のリソースやパブリック・クラウドへの接続を、実現するものになるようです。

--------------------------------------------
「IT苦手」な経営層にも分かってもらえる、IT用語解説「オンプレミス」
(2016年7月28日 [IT Media])
オンプレミスという言葉を、ITの知識がある人と、ITが苦手な経営者に対して、説明するという記事です。たしかに、オンプレミスという言葉を聞く機会が増えてきましたが、だからいって、オンプレミスが新しい何かを示すわけではありません。これは、クラウドが生み出した用語とも言えますが、それを説明する記事が、多くの人に読まれる時代になったのですね。

--------------------------------------------
オラクルと富士通の提携は世界一流のクラウド・サービスを提供するため
(2016年7月28日 [Nikkei])
オラクルの、クラウド・ビジネスに関するインタビュー記事です。2016年度(2015年6月~2016年5月)におけるPaaSとSaaSは、前年比べて52%の成長を達成し、売上額は22億ドルに達したとのことです。また、すべての売り上げに対して、SaaS、PaaS、IaaSが占める割合は8%に達したと述べています。この7月に、富士通との提携を発表したように、日本企業とのパートナー戦略も、積極的に進めていくようです。

--------------------------------------------
AWS初心者がまず知っておきたいこと、ハンズラボ吉田さんが語る
(2016年7月28日 [Ascii])
6月28日に開催された、第6回目のJAWS-UG初心者支部の様子を伝える記事です。ハンズラボの吉田裕貴さんが登壇し、いくつかのティップスを、AWS導入座談会の前知識として紹介したとのことです。本題としては「Design For Failureやクレデンシャルキーの扱い」や、「ベストプラクティスのありかと責任共有モデル」などについて、詳細な解説があったと伝えられています。

--------------------------------------------
Xiaomi(シャオミ)初のノートPCは、Macbook Airのライバルで540ドルから
(2016年7月28日 [TechCrunch])
中国のスマートフォン・メーカーとして有名なXiaomiが、同社初のノートPCを発表しました。同社は、プレスむけのイベントで、新しいスマートフォンであるRedmi Proと、Mi Notebook Airを被露して人々を驚かせたとのことです。価格は、12.5インチモデルが約540ドルからで、大型のメインモデルは750ドルとのことです。ただし、中国で8月2日に発売されることだけが、現時点で明らかになっていると、TechCrunchは伝えています。

Cloud News Japanは、Cloud Business Allianceが運営するクラウド関連ニュースのキュレーションサイトです。CHANGE-MAKERSでは、週に1度、Cloud News Japanに掲載された記事の中から、注目度の高かったものをピックアップしてご紹介します。