×
最新の人気コンテンツ情報をまとめた
メールマガジンをお届けします

ページトップへ

Multiplayが50万人のゲームユーザーをIBMのSoftLayerでサポート

イギリスに本社を置くMultiplayは世界最大級のオンラインゲーム・ネットワークを誇っています。同社は現在24地域に設置されている2万5000台のサーバーを使って毎月700万人以上のプレイヤーに60タイトル以上のゲームを提供しています。マインクラフト、メダル・オブ・オナー、チームフォートレス、バトルフィールドなどの人気ゲームタイトルの公式サーバーをホスティングしています。

Multiplayは現在約50万人のプレイヤーをSoftLayerのプラットフォームでサポートしています。バトルフィールド4の場合、2万5000人の新規ユーザーをサポートするために必要なITリソースのプロビジョニングは、SoftLayerのベアメタル・サーバーを利用することでわずか4時間足らずで完了することができました。

Multiplayのビジネス開発マネージャー、ウィル・ローザー氏は以下のように説明しています。
真のオンラインゲーム体験にベアメタル・サーバーは最適です。シングル・テナントのマシンを利用することにより、Multiplayのゲームサーバーはユーザーがいつでもゲームを楽しめるように万全の態勢を整えることができます。ゲーム業界の大手企業と手を組むことで、プレイヤーに最強のオンライン・ゲームのタイトルを提供することができるのです。バトルフィールド4ではベアメタル・クラウドを採用し、これを世界の各地域ごとにプロビジョニングしました。ハードコア・ゲームではプレイヤーは常に完璧な体験を望んでいます。遅延や、誤作動などは絶対にあってはならないのです。SoftLayerのプラットフォームを高速ネットワークと組み合わせることで、私達はゲームファンに期待通りの環境を提供することができます。

SoftLayerのクラウド・プラットフォームは、グローバル・ネットワークを通して利用できる物理・仮想のクラウド・サーバーと、簡単に拡張できるオペレーション環境をMultiplayに提供しています。そのおかげで、変化が激しく難しい要件にも柔軟に対応することができ、ゲームのプレイヤーは世界のどこにいても高性能のゲームを体験していただくことができるのです。

関連記事
ゲーム会社KUULUUが人気ロック・バンド、リンキンパークのゲーム配信にSoftLayerを採用